カメラを持って出かけよう〜

カメラと旅と歴史が大好きで、主にひとりで写真を撮りに出歩いています。

土佐高知の旅〜龍馬青春の道を辿る1

3月21日(月)今日は春分の日の振替休日。すっかり春めいて桜も各地で開花し始めました。
今回はかねてより行きたかった龍馬が育った高知へ行ってきました。
6時34分のぞみ3号で新横浜を出発。岡山で特急南風に乗り換えます。
天気も快晴!旅のよしあしは天気が大いに左右します。車窓の景色もいっそう弾んでで見えます。
IMGP1518


IMGP1017

そして瀬戸大橋を渡ります。雄大な瀬戸内海にたくさんの小島が見えます。気持ちいいねえぇ〜
IMGP1029

車内は比較的空いていました。
BlogPaint

ほんの数分で渡ってしまうけれど、昔の人は海を渡って本州にきたんでしょうね。四国は近くてちょっと遠い場所だったのかもしれない。
IMGP1027

そして四国へ入ってきました。
IMGP1030

阿波池田駅で降ります。アンパンマン列車が走るのでしょう。たくさんのアンパンマンがお出迎えしています。
IMGP1034

お昼前、気温も上がってきてさわやかな空気がとっても気持ちいい。
BlogPaint

そしてバスで大歩危峡へきました。
DSC_0009

エメラルド色の水がとってもきれいです〜
DSC_0014

かなりの流れの渓流なので結構怖いかも・・
DSC_0011

天気が最高〜マイナスイオンでまくり〜
DSC_0016

そして次に龍河洞へ
DSC_0033

土佐は刃物も有名なんですね。
DSC_0029

龍河洞はかなりせまい場所をくぐって見学しました。弥生時代の頃人が洞窟で生活していた痕跡もあり神秘的な鍾乳洞でした。
IMG_5359

そして本日のお目当て桂浜に到着。
IMGP1091

龍馬像を見たのはこれで2回目。龍馬がみているものはこの太平洋の大海原。
DSC_0044

夏の海のようなきれいなブルーをしていました。
IMGP1127

この海の向こうに龍馬も思いを馳せていたのかもしれない。
IMGP1156

龍馬伝の「遥かなるヌーヨーカー」のシーンを思い出してしまう・・・
坂本家のみんなで海岸を訪れるシーンです。そこで龍馬は家族みんなを外国に連れていく夢を語るのです。
IMGP1158

桂浜〜龍馬の若き思いが伝わってきます。龍馬がみた桂浜を私も目に焼き付けよう・・・
IMGP1162

そしてツアーはホテルチェックインまで。解散後ホテルに荷物を置いて調べてきた史跡めぐりをしようと思います。
わぁ〜路面電車が走ってる〜ユニークな絵柄がおもいしろい。
IMGP1168

お〜ぉ〜ここがはりまや橋かぁ〜
IMGP1177

さすが思っていた通り小さい・・・
IMGP1182

ペギー葉山が歌った歌「南国土佐をあとにして」で全国的に有名になった橋ですね。
IMGP1192

そしてはりまや橋の先にありました。河田小龍先生の碑です。
IMGP1197

河田小龍先生生誕の碑。幕末の画家で海外の事情に詳しかったとされています。そして龍馬も河田先生から受けた影響は多分にあったようです。異国の話しをきき、大いに夢を膨らませたのだと思う。河田先生はジョン万次郎(漁船が難破し漂流し、アメリカで保護され、アメリカで生活した)が帰国した際に異国に話しをきき、絵にしたようです。
IMGP1195

その近辺には日本の礎となった偉人がたくさんいます。
土佐藩の後藤象二郎生誕の碑
IMGP1260

板垣退助生誕の碑
IMGP1263

鏡川までやって来ました。
IMGP1203

うっすら夕日がさしてきました。
IMGP1216

川岸を散歩して帰ろう。
IMGP1218

天神橋までやってきた。

IMGP1227

日が暮れようとしているこの瞬間を見ていたい・・・何枚かシャッターを切っていると颯爽と自転車でやってきたカメラを持つ女性と出会いました。そして「いい写真が撮れましたか」と声をかけていただいた・・・・
その女性はこの近辺の写真を撮っているようで鏡川にはよく写真を撮りにくるようでした。
うらやましいなぁ〜こんな素敵な鏡川を自転車で飛ばして来れるんだから・・・
そして写真の話しなどをし、ブログ交換しました。あまり自分のブログって教えることないんだけれど、今日は積極的な私でした。
素敵な出会いでした。

この夕日は私の大切な思い出。本当にありがとうございました。
龍馬が育った鏡川をみながら想う・・行きかう車やジョギングする人、今を生きる人の生活がここにある、そしてこれからずっと続く未来も鏡川の美しい夕日は変わりなく人々を温かく包み込んでいくのだろう・・
IMGP1234


IMGP1222

そして夕飯を食べる前に行っておきたい所が・・・
IMGP1265

地図を片手に歩くと・・あった・・
IMGP1272

現在敷地は工事中のようだ。吉田東洋暗殺の場所。
IMGP1269

上士が下士を虐げていた時代この土地はどのようだったのか・・・
IMGP1274

高知城方面に歩いていく・・
IMGP1276

あれかも・・・
IMGP1278

四国銀行敷地内やっぱりそうだ・・武市半平太が切腹した場所である。
幕末、この日本をよくしたいと捧げた命の重みが伝わってくる。
IMGP1279

ひとり感慨深く夜の高知の街を歩く。
IMG_5376

さぁ〜ひろめ市場で一杯やろうかな・・・
IMGP1284

おぉ〜すごい盛況ぶり〜活気があっていいね〜
BlogPaint

かつおのたたきは絶対食べなきゃね・・わらであぶっている。
IMG_5379

すごい厚切りだぁ〜塩でいただきます。
IMG_5381

高知の夜に乾杯!
IMG_5383

おいしぃ〜〜ビールに最高〜
IMG_5384

つまみにくじらの竜田揚げ
IMG_5382

あおのりの天ぷら
IMG_5385

ほろ酔い気分でホテルに帰りました。
明日は龍馬の生まれた町記念館の「土佐っ歩」街歩きガイドで散策します。
IMG_5389


DSC_0040
バーナー

ブログランキング参加中!
龍馬のふるさと土佐を大満喫〜にポチッとね

湘南と江ノ電と・・

BlogPaint



湘南と江ノ電の有名スポットでの一枚


バーナー

ブログランキング参加中!
春の湘南にポチッとね

河津桜とメジロ

enoden 218


enoden 220


enoden 222


enoden 225


enoden 227


enoden 228


鎌倉 長谷寺にて
バーナー

ブログランキング参加中!
長谷寺の河津桜とメジロにポチッとね

初めてのRAW現像

江ノ島稚児ヶ淵にて
hasedera 052

初めてRAWで撮ってみました。編集がまだまだ未知でわからない・・・
しかし彩度と露出、コントラスト変えただけでこんな感じになりました。写真がもっと楽しくなりそう〜

バーナー

ブログランキング参加中!
RAW現像楽しすぎ・・にポチッとね

潮風と江ノ電

enoden 266

鎌倉高校前にて
バーナー

ブログランキング参加中!
湘南の風にのって・・にポチッとね

撮り鉄デビュー?

写真撮影=旅が私にはマッチしている・・・ローカル線のある景色を撮ってみたい・・・
そんな気持ちで参加したけれど、これ結構はまりそうです。
何時何分踊り子○○号がきます〜という先生の合図に従ってみんなで列車を待ち構えるワクワク感〜
きた〜と思ったら一斉にシャッターを押す〜みなそれぞれに自分の好きな構図で撮っている。
やっぱりただの鉄道マニアと違って列車をメインにしない、風景と絡めて撮るところがいいんだと思う。
私はオーソドックスな桜と踊り子号を撮ってみた。
DSC_0581

これもいい感じ〜と思ってるのは私ひとりかも〜
先生いわく・・いいんだって。自分が好きなように撮ればそれはそれでみんなまるなんだって。
DSC_0537

これは場所を変えて今井浜のトンネルで撮った写真。海をもっと入れたかったんだけどね。
DSC_0618

撮れたあと必ず「おめでとうございます〜」という先生。
一日バスの中でおもしろい話しが聞けてとっても楽しかったです。
DSC_0628


DSC_0657

あえてセピア色にしてみました。
DSC_0507

2016春 今日ここにきたことが歳をとっても この空気、この景色がいつまでも思い出せますように・・

バーナー

ブログランキング参加中!
ローカル線の旅デビューにポチッとね

河津桜見に行きました

2月26日(金)天気晴れ 某旅行会社の写真撮影ツアーのローカル線の旅シリーズ。「河津桜と伊豆急行を撮ろう」と題したツアーに行ってきました〜河津桜は例年より10日ほど早い開花をみせ、今日は見頃をちょっと過ぎたあたりのようです。ぽかぽか陽気で気持ちいい青空が広がっています。
橋の上からカメラを構えて待ち構えます。伊豆急スーパービュー踊り子号をみごと捉えることができました。
撮り鉄ばなしは次回で詳しくアップしま〜す〜
DSC_0508

川岸の河津桜と菜の花畑の景色は心なごみます。
DSC_0534

この写真が一番のお気に入り〜
桜の葉っぱがでてきていて満開ではないのが残念ですが、春のきらきら感がでていて好きです。
DSC_0595

奥の桜にピントを合わせて前ボケぎみで撮ったけど・・・もっと上の桜が奥の桜と近づいていたほうがよかったかも・・
DSC_0561

春の白く霞んだ感じにあえて白っぽくしてみました。
DSC_0494

これからどんどん暖かくなって河津桜のみならず、ソメイヨシノの桜前線も北上する日本です。
やっと待ちに待った春がやってくるよ〜〜今年の桜はみんなで見れるねあと少しあと少し
DSC_0569


DSC_0671

バーナー

ブログランキング参加中!
河津桜の春景色にポチッとね

カメラ日和〜

春一番が吹いた〜
これからまたちょっと寒い日もあるだろうけれど、もう春はすぐそこまでやってきています。
マクロレンズが楽しい〜
春はたくさん写真散歩しなくっちゃ
DSC_0398

梅のピンクもとってもかわいいねぇこれは望遠です。
DSC_0388

相模原北公園にて
バーナー

ブログランキング参加中!
ぽっかぽっか散歩にポチッとね

新宿御苑

ぽかぽかいい天気〜
今日は午後からの写真セミナーを受けます。その前にちょっとぶらっと新宿御苑をお散歩です。
DSC_0281

ピンクの花の下に人だかりが・・・
BlogPaint

梅かと思いきや寒桜でした。カメラマンたちが寒桜を囲んで撮っているものと言えば・・・
メジロです。なかなか動きが早いのでいいシャッターチャンスがおとずれません。
唯一メジロの後姿をパチリ〜
DSC_0320

やぁ〜気持ちいい青い空と寒桜がとってもきれいだったよ〜
DSC_0323

一足早いお花見だぁ〜
DSC_0327

日がさんさんの芝生の広場でお弁当を食べました〜しあわせだなぁ〜
DSC_0306


バーナー

ブログランキング参加中!
春の新宿御苑にポチッとね

しずく写真

マクロレンズを購入しました。
まずやってみたかったしずく写真を撮ってみました。
しずくにピントを合わせて、F5.6くらい。後ろのボケ感がなかなか気に入りました。
しばらくはお花の撮影にはまりそうです。

DSC_0380

バーナー

ブログランキング参加中!
しずく写真にポチッとね

2016箱根駅伝祝勝パレード 青山学院

1月30日(土)雪も降りそうな曇り空。2016箱根駅伝で完全優勝を果たした青山学院の祝賀パレードに行ってきました。
淵野辺キャンパスがある淵野辺駅最寄り、ミーハーな私はカメラを持っていそいそと・・・
思ったよりの人出にびっくりしました。次の日のニュースで2万人の人出って出てたけど・・
かなり離れたところからしか撮れない・・・
かわいい〜ポーズの神野君!ハッピー大作戦の原監督も満面の笑みで手を振ってくれました。
BlogPaint

4区で区間賞をとった田村君。来年も見られるわ。応援しなくっちゃ〜
BlogPaint

左から1年生で初の箱根の山くだりで好成績を残した小野田君。左2番目田村君。手前10区アンカーのやはり区間賞の渡辺利典君。右2区一色君。小野田君は惜しくも日体大の秋山君に区間新の記録(58:09秒)を出され区間賞を逃しましたが、初の箱根で(58:31秒)は本当にすばらしい記録です。
BlogPaint

みんな沿道に寄ってきて握手やサインをしてくれました。私はサインペンももって待ち構えていましたが、サインはもらえませんでした。しかし一色君にしっかり厚〜い握手をしていただきました。
BlogPaint

優勝おめでとう〜今年は走者10人のうち6人も区間賞をとるという最強メンバーでした。
DSC_0321

あどけなさが残る8区の下田君。
DSC_0319

「と〜しのり〜」の最後のゴールにみんなの声援が印象的でした。
DSC_0318

神野君はコニカミノルタ、今日は卒論の関係で出席できなかった久保田君は九電工に行くそうです。
箱根駅伝出身者の今後がますます楽しみになります。そして青学に限らず箱根駅伝出身者が東京オリンピックで活躍してくれることを祈りたいと思います。若いエネルギーいっぱいもらった一日でした。
DSC_0329
バーナー

ブログランキング参加中!
幸せ指数200%の青学パレードにポチッとね

梅の香り

DSC_0236


神代植物園 うめ園にて
DSC_0245

バーナー

ブログランキング参加中!
もうすぐ春だよ〜にポチッとね

忍野八海 山中湖

今日は一日曇り空でどこからも富士山は見えない。
お昼過ぎ忍野八海に着いた。ここは観光客がすごい。観光客はどこをみても中国人。
ここは中国か・・富士山地帯は中国人観光客の賑わいがハンパじゃないらしい。
そんな観光客も気にせず写真はしっかり撮らなきゃ・・・
富士山からの湧水がすっごくきれいです。そして雪景色がなんともいえない日本を表現しています。
DSC_0158

屋根に積もった雪にかすかな電球の灯りが・・・
DSC_0164

軒に干されたとうもろこし・・・
DSC_0121

寒々しい感じはホワイトバランスで調整。
DSC_0175

曇がかった空にうっすら太陽が・・・
DSC_0173

茅葺屋根の雪が落ちそうで落ちない。
DSC_0200

山中湖交流プラザ「きらら」へここで夕景の富士を撮る予定だったのがまったく見えない状態。
ここで本来ならダイヤモンド富士が見られたのにと思うと残念で仕方がない。
こればっかりは運ですね
DSC_0205

次第に吹雪のようになってきた・・・
DSC_0211

ダイヤモンド富士はまたのお楽しみになりました。いつ会えるのかなぁ・・
DSC_0217


バーナー

ブログランキング参加中!
日本の雪景色にポチッとね

西湖 野鳥の森 氷のオブジェ

今年の冬は暖冬か・・なんて言っていたけれど大雪警報がでるなど、結構冬らしい寒さが続いています。
1月23日(土)今日は写真撮影ツアーで「富士山の冬景色を撮ろう」と題したツアーに参加してきました。
前日の天気予報は雪マーク。どうなることか心配しましたが、予定通り決行!しかし一日中雲がかかった天気となりそう〜
河口湖はこんな感じでした。富士山がみえな〜い
DSC_0001

ラベンダー畑もすっかり雪に埋もれて・・
DSC_0007

そして西湖の野鳥の森公園の氷祭り会場へ。
たくさんのアイスモンスターがみごとです。
DSC_0069

雪の中の森の散策も楽しい〜池に氷がはっている被写体にみんな空かさずシャッターを切る。
DSC_0114

ホワイトバランスを白色蛍光灯にして撮ってみるとこんなブルーっぽい感じになります。
Aモード1/2000 F5.6 ISO200
DSC_0068

氷の輝きがもっと出せればいいんですが・・
DSC_0059


DSC_0056

それにしてもワクワクする被写体でホント楽しかった。
DSC_0042

アイスモンスターのてっぺんを望遠でアップしてみた。水のしぶきが中央にきた時にシャッターをきる。
DSC_0096

Aモード 1/1000 F8 露出補正ー0.5 ISO200 ホワイトバランス 晴天
DSC_0101

寒さも忘れて夢中で撮った野鳥の森公園でした。
次は忍野八海と山中湖に行きます。
DSC_0027
バーナー

ブログランキング参加中!
氷のアートにポチッとね

ENOSUI

久しぶりに水族館へ行きたいなぁ・・と今日は新江ノ島水族館に来ました。
魚をみたいな・・というより写真撮影の練習のほうが大きいでしょう。水族館撮影は難度が高いかもしれない・・
暗い上に魚が泳ぐスピードにうまく焦点をあわせられるか・など今の私にはちょっとハードル高い。
しかし何事も練習〜失敗してみて始めて何が悪いかに気付けばいいんだ。という心構えでさぁ〜撮ってみましょう〜
これは相模湾大水槽。
水中ライブ映像で大水槽魚たちを大アップで見られます。
DSC_0152

魚眼のような水槽〜前のカップルの後ろ姿を撮らせていただきました。
DSC_0145

クラゲファンタジー−ホールではたくさんのくらげに出会えます。
あのゆんるりと浮遊する姿は癒されます〜
DSC_0157

水槽のトンネルでは真上をエイが気持ちよさそうに泳いでいます。
BlogPaint

メインイベントイルカショー
DSC_0266

湘南の海と富士山と江ノ島を眺めながらのイルカショーはテンション高くなる・・
DSC_0269

イルカのジャンプがどこからでてくるのかわからずピントあわせがかなり難しい。みんなピンボケ
DSC_0252

やぁ〜しかし大ジャンプでは前列の人たちはビショ濡れになっていた・・・イルカたちの迫力あるジャンプは見ごたえありました〜
DSC_0251

水族館撮影は撃沈でした反省点は暗い撮影だと思ってISO感度を上げすぎて画像が荒くなってしまった。参考本に載っている、特にAモード(絞り優先)で撮っていたがモニターに暗すぎとでてしまいシャッターが押せない。押せる状態にしてみるとピントが合っていない。などどう調整すればよいかわからなくなってしまうのです。まだまだ勉強が足りないようです。
DSC_0239

DSC_0096

バーナー

ブログランキング参加中!
水族館の冬の一日にポチッとね

箱根駅伝2016

日本のお正月の風物詩となった箱根駅伝!!フィニッシュ大手町に今年も行ってきました〜
1月3日晴れ 2日の往路はテレビ観戦!ほとんど1位を独走していた青学に決まりだろうと3日はテレビは見なくてもいい・・・
大手町のゴールがみたくなってつい出かけてしまいました。
お昼前もうすでに人がいっぱい。
IMG_5147

お正月らしいいい天気・・
BlogPaint

読売新聞社前はゴールを待ち構えるひとが陣取っている。
DSC_0039

日テレカメラマンもスタンバイ!
DSC_0041

各大学の応援団やチアリーダーの華やかな姿が駅伝を盛り上げている。
DSC_0055

お昼を済ませてまたくると人がさらに増えている。日本橋あたりまで行ったがさらに人が多い。銀座まで行っても同じだろう・・・
また大手町近くにもどってやや見える位置にきたがやはり人の頭が邪魔して写真を撮れる状態ではない。
IMG_5146

早稲田のチアリーダー
BlogPaint

かわいらしいね。
BlogPaint

ヘリがブンブンいいはじめた・・・いよいよトップで青学が来るようだ。
DSC_0062

かなりの差をつけているので今年はドキドキ感はない。
しかし日本人はなぜ箱根駅伝が好きなのか・・・誰だかわからなくても応援したくなる・・・こういうCMあったよね・・・
やっぱり日本のお正月はがんばってる姿を応援しなくっちゃ一年が始まった気がしないんだよね。。
駅伝の賛否両論はあるようだけど・・やっぱり私は箱根を走る若者のドラマが大好きです。
IMG_5152

おめでとう〜完全優勝〜
IMG_5161

読売新聞社前の大スクリーン映像でしかみることはできなかった・・・次回は敷物をもって陣取らないとね・・
IMG_5163

今年も箱根駅伝の興奮で始まりました。帰りのロマンスカーで記念ビールをいただきました。
BlogPaint

バーナー

ブログランキング参加中!
完璧勝利の青山学院にポチッとね

井上尚弥 初防衛戦 2015 12/29

あけましておめでとうございます。新年 初の投稿です。
今年のお正月は天気もよくスカッとしたお正月でした。新しい年を迎え心身ともにリフレッシュしてスタートしたという感じです。
それというのも年末は尚弥君の世界タイトル初防衛戦を見に行きまして2RKOというすばらしいボクシング勝利に大興奮しました!
やってくれた1年ぶり井上尚弥復活に今年もしっかり応援していきたいと思います。
対戦相手はWBO世界S・フライ級ランキング1位ワルリト・パレナス(フィリピン)です。
有明コロシアムは初めて来ました。
DSC_1581

ビッグサイトのイベントか・・駅を降りたらたくさんのアニメ軍団に押されながらどうにか有明コロシアムに着いた。
DSC_1582


DSC_1593

今回もフジテレビ系で中継されます。「ボクシングフェス2015〜井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦」です。
IMG_5129

現地到着が16:30ごろ。弟、拓真君も判定勝ち、世界戦の八重樫東もぼこぼこになりながら勝利した。
DSC_1621

さぁ〜具志堅や村田も登場していよいよクライマックス尚弥君の試合だ。
DSC_0008


井上尚弥の戦績

名前:井上尚弥
生年月日:1993年4月10日生(22歳)
出身地:神奈川県座間市
身長:163cm
階級:ライトフライ−スーパーフライ級
所属:大橋ジム
タイプ:右ボクサーファイター
アマ戦績:81戦75勝(48KO)6敗
デビュー:2012年10月2日
プロ戦績:8戦8勝(7KO)
元日本ライトフライ級王者
元東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
現WBO世界スーパーフライ級王者

【1戦目】
日程:2012/10/2
対戦相手:クリソン・オヤマオ
結果:◯KO4R

【2戦目】
日程:2013/1/5
対戦相手
ガオフラチャーン・チューワッタナ
結果:◯KO1R

【3戦目】
日程:2013/4/16
対戦相手:佐野友樹
結果:◯TKO10R   

【4戦目】
日程:2013/8/25
対戦相手:田口良一
結果:◯判定10R
日本ライトフライ級王座挑戦・獲得


【5戦目】
日程:2013/12/6
対戦相手:ヘルソン・マンサノ
結果:◯TKO5R
東洋太平洋ライトフライ級
王座決定戦・獲得

【6戦目】
日程:2014/4/6
対戦相手:アドリアン・エルナンデス
結果:◯TKO6R
WBC世界ライトフライ級
王座挑戦・獲得

【7戦目】
日程:2014/9/5
対戦相手
サマートレック・ゴーキャットジム
結果:◯TKO11R(防衛1)

【8戦目】
日程:2014/12/30
対戦相手:オマール・ナルバエス
結果:◯KO2R
WBO世界スーパフライ級
王座挑戦・獲得

【9戦目】
日程:2015/12/29
対戦相手:ワルリト・パレナス
結果:◯KO2R(防衛1)

DSC_1631

右手のケガで1年ぶりの試合となるが・・・ずいぶん大人になって自信がみなぎっている。
DSC_0015

髪型も少しのばしてパーマかけたのかな・・・やっぱりかっこいい尚弥君だ。
DSC_0018

試合は完全圧勝〜瞬く間にすばらしいパンチが炸裂〜相手に何一つやらせることなくリングに叩きのめした。
こういう試合が見たかったのだ・・・私たち応援団席も歓喜と興奮の渦に巻き込まれた。
休んでいる間も決して負けなかったんだね・・

試合中はファインダーを覗いている暇もなく応援していた・・大きなスクリーンに映し出された尚弥君の笑顔が最高だね。
DSC_0019

そして12月に入籍して結婚した尚弥君。
DSC_0020

ダブル祝福〜今後も楽しみな尚弥君に注目したいと思います。
DSC_0022

バーナー

ブログランキング参加中!
井上尚弥!最高のボクシングをみせてくれた初防衛戦にポチッとね

2016 新年あけましておめでとうございます

BlogPaint


バーナー

ブログランキング参加中!
今年も元気にいこう〜にポチッとね

福山雅治 冬の大感謝祭 其の十五 2015

今年も行ってきました〜福山さんライブ〜
この季節になるとこれがひとつの楽しみになっています〜
今年は福山さんにはビッグニュースがありましたのでもう行くのはやめようか・・と思いましたが、やっぱり真のファンならどんなことがあっても応援するのはあたりまえだろう・・というよりやっぱり福山さんをみたいと一心ですね。
IMG_5110

12月20日日曜日とあって横浜はクリスマスモードムンムン〜〜人出がすごいです。ランドマークのしたにはなにやらすごい人が群がっている。。。
というのもこの日は横浜スタジアムで行われるFIFAクラブワールドカップ2015の試合がおこなわれるということでバルセロナの選手たちがロイヤルホテルに宿泊しているらしく、一目みようとファンが集まっているみたいでした。
BlogPaint

そしてクインズスクエアの中広場には福山さんの冬の大感謝祭 其の十五を記念したツリーがありました。
IMGP0847

パネル写真には福山さんの思い出の写真が飾ってあります。
IMG_5099

そしてもうひとつのツリーはMARK ISにもあります。
IMGP0872

そして会場入り〜パシフィコ横浜だよ〜〜
BlogPaint

いろんなましゃを見ながら気分は高まっていきます。
IMGP0858

JCBシリーズははじめてみました。
IMGP0859

ダンロップ。福山ファンは年齢層も幅広く安心して行けるライブです。
IMGP0860

グッズ売り場はいがいと空いていた。。。
BlogPaint

売り場に飾られていたキューピマヨネーズのCM写真。
IMGP0865

そして3時間たっぷりのライブ、タオル振り回して明日は腕が上がらないだろうなぁ・・
席は前回より少し前になったかなぁ・・・という位置でした。今度は福山さんが投げるコップが届くところにいきたいなぁ。
ユーチューブより男性限定ライブ2014より

今年も残り少なくなってきました。
クイーンズスクエアのクリスマスツリーをみてほのぼの今年一年を振り返ってみた。
これといったトラブルも厄(わざわい)もなく健康で充実した一年でした。
なんといっても一生で一回いくこともないと思っていたインドに行くことができたことでしょう。
来年はさらに楽しいことがたくさんありますように・・そしてNちゃんYちゃんが無事帰国できますように静かに見守りたいと思います
IMG_5103

福山グッズ〜
キューピーマヨネーズ福山バージョンTUBAKIのシャンプーセットは記念品としてもらったもので、
ライブタオルともこもこ靴下は購入したものです。

IMG_5117

今年の年内行事の最後は12/29(火)井上尚弥君の世界タイトル防衛戦応援です!!有明コロシアムまで応援に行ってきます
BlogPaint
バーナー

ブログランキング参加中!
大興奮のましゃライブにポチッとね

出雲大社と松江の旅 その2出雲大社 尾道 鞆の浦

12月10日(木)雨
昨夜はよく眠れました、朝食ブッフェをいただき、ホテルを8:00にチェックアウト。
朝から雨模様・・・・覚悟していたが、すこしでも雨があがってほしいと願う。
今日はまず出雲大社へ行きます。1時間ほどバスに揺られ到着、まだ参拝客がだれもいない。
DSC_1453

だんだん雨足が強くなってきます。
DSC_1449

縁結びの神・福の神として名高い『出雲大社』は、日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社と呼ばれていました。
主祭神は大国様として馴染みの深い『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。
DSC_1457

大国主大神が祀られている本殿は延享の造営(1744)で建立されたもので、大社造で国宝に指定されています。神社建築の中では日本一を誇り、高さは約24m、厚い桧皮葺きの屋根の棟の上には長さ7.9mの二組の千木が交差しています。千木の上方にあいている小さな穴は、実際は大人一人がくぐり抜けられるほどの大きさで、本殿の大きさを実感できます。本殿に祀られる御神体は西向きで稲佐の浜の方角を向いておられ、本殿の正面から参拝すると、神様の横顔を拝んでいる事になります。
DSC_1461

古代の本殿はこのように高い柱でできた建物だったようで、柱のあとが発掘されてわかったようです。
DSC_1459

柱の実物大はこんなに大きい。
DSC_1458

DSC_1463

現在でも柱のあとが赤い石で記されている。
DSC_1467

檜皮葺の模型
DSC_1469


DSC_1471

大きな注連縄
DSC_1476

ここでは二拝四拍手一拝。よき幸にご縁がありますようお参りしました。そしてYちゃんに厄除けのお守りを買いました。来年無事に日本に帰ってこられますようにと・・・
DSC_1479

出雲大社の住職千家国麿さんと高円宮典子さんが住んでいらしゃる館ですね。
DSC_1484

約60分の参拝と拝観でしたが十分だったと思います。雨も強くなってきました。
DSC_1485

ありました!彩雲堂の若草という和菓子。
DSC_1489

そして次は瀬戸内海側に向かいます。途中、世羅に寄りました。世羅といえば高校駅伝で有名な世羅高校があるところです。
IMG_5094

世羅の陸上グッズも売っていました。
BlogPaint

そして2時間ほどで尾道に着きました。尾道初めて来ました。
DSC_1492

瀬戸内海に面して山が迫っているため、傾斜に家がたくさん建っています。珍しいお城を見つけました。断崖に立っているよ〜
DSC_1494

尾道での自由行動は90分。千光寺公園へ行きたかったのですが、ロープウェイが休業しているらしく歩いていくには時間がかかりすぎるのでやめて古寺めぐりをしようと思います。
DSC_1495

千光寺公園に向かう坂にたくさんのお寺があるのです。
DSC_1496

長崎のような坂がたくさんあり途中途中海を眺められるのでこれは晴れた日に来たら最高だと思います。
まずは持光寺へ・・
DSC_1500

坂は迷路のようになってしまいそう・・
DSC_1503

道標があるとほっとします。昔のままの家もたくさんあり、見ていくだけで楽しい。
DSC_1506

さすが映画のロケ地尾道。最高のロケーションだわ。雨がホント残念
DSC_1507

光明寺。
DSC_1509

お地蔵さん
DSC_1514

宅急便のお兄さんも荷物を背負って坂の階段を登る。
DSC_1515

次々に探さないと時間がなくなります。そして雨が降っているので撮影が厳しくなります。
DSC_1520

この町にあこがれてお店を出す若者も多いのでしょう〜すてきな雑貨やさんやアートなお店もありました。
DSC_1521

登ったり下ったり汗をかきます。
DSC_1522

そして天寧寺にたどり着きました。
DSC_1523

ここの五百羅漢像は見ておかなくっちゃね。中は撮影できませんでしたが、威風を醸し出す五百の羅漢像がこちらを向いている姿は圧巻でした。
DSC_1524

90分という時間の早いこと・・・他におのみち映画資料館、文学館などに行った人がいたようですが、90分の間にここを見て歩くにはどれも時間が足りないように思えました。帰り尾道本通り商店街を歩いて帰ります。
DSC_1525

レトロな建物が目を引きます。
DSC_1526

林芙美子記念館
DSC_1528

林芙美子像
DSC_1531

映画スターの足型ストリート
DSC_1533

時間ぎりぎり〜まだまだ見たりない〜レトロなお店がたくさん。尾道ラーメンも食べたかったなぁ・・・
物足りなさを感じながら最後の観光地「鞆の浦」に向かいます。
DSC_1535

福山駅から南へ14kmの海岸沿いに位置する鞆の浦。古くから潮待ち風待ちの港として万葉集にも詠われた名勝で、日本で最初に国立公園として指定された瀬戸内海国立公園のひとつです。晴天の波穏やかな瀬戸の海に仙酔島や弁天島が霞み浮かぶのどかな風景は心洗われます。江戸時代には北前港としても栄え、朝鮮通信使が度々寄港。真言宗福禅寺が迎賓の場所として使われました。本堂隣の「対潮楼」は元禄年間(1688〜1704)に建てられたもので、客殿として朝鮮からの賓客の宿舎として使われました。座敷からは海と島が一望でき、通信使の李邦彦が「日東第一景勝」と賞賛しました。国内外との交易で栄えた港で歴史に名高い旧跡や遺構も多く残されています。
DSC_1540

平成いろは丸船乗り場。ここから仙酔島までいろは丸に乗っていけるそうです。やはり今回は時間がなくていけませんが・・
DSC_1537


DSC_1536

そしてここから現地ガイドさんについて鞆の浦の町を巡ります。
最初にこの岩壁の説明を受けたのですが、ここの上が対潮楼だったとは・・対潮楼は、1694(元禄7)年に、憲意上人によって本堂が改築された際に、新しく建てられた客殿で、朝鮮通信使三役の迎賓館として使われてきました。つまりは、文人・墨客らの交流の場、サロンだったようです。あとで行くのかと思いきやはしょられた・・・
DSC_1542

かわいい猫のバス停。
DSC_1545

現在の鞆の浦の波止の景観は、江戸時代から幾度となく造営を繰り返されて出来あがったものです。古くから鞆港は、東側の大可島や西側の明神岬、それに南側の玉津島などの自然の波よけのおかげで、天然の良港として栄えていました。しかし、近世初頭に大可島を陸続きにしたため、港の海底に土砂が堆積して浅くなったり、また台風は自然の波止ではさすがに防ぎきれずに、船舶が損傷を受けたりして、いよいよ波止場の造営の必要が出てきたのです。
DSC_1548

龍馬もみたこの鞆の浦の港
DSC_1549

鞆港西側の雁木の南端に立つ常夜燈(とうろどう=燈籠塔)は、何と言っても鞆の浦の1番のシンボルです。「安政六年己未七月」(1859年)に建造されました。南に弓状の港を有する鞆の浦は多島海の天然の良港で、豊後・紀伊水道がぶつかる瀬戸内海の中央部に位置し、“潮待ちの港”として栄えました。
1826年、オランダ商館の医師・シーボルトは『江戸参府紀行』の中で「活気に溢れた町」と記しています。その港町の海上安全を支えたのが、この常夜燈なのです。
DSC_1569


DSC_1550

みごとな雁木。潮の干満に関らず船着けできる石階段、それが雁木です。満潮時には最上段が岸壁となり、干潮時には最下段が荷揚げ場となります。
雁が飛ぶさまに似ていることから「雁木」と呼ばれるようになったんですね。最上段には明治から昭和期に作られた円柱形の船繋石(ふなつなぎいし)が等間隔で並んでいます。全国でも類のない鞆の浦の雁木の雄大さ。
DSC_1551

木が腐らないように焼きをいれている。白い壁との色彩がきれいである。
DSC_1553

雨に濡れた石畳がとってもすてきです。
DSC_1554


DSC_1556


DSC_1557

太田家住宅は、1991(平成3)年に国の重要文化財指定を受けました。瀬戸内海を代表する往時の商家の佇まいを今に伝える、歴史的価値のある建造物群です。主屋や炊事場、保命酒蔵が見事に保存されていて、玄関には杉玉掛けもあり、造り酒屋の構えをよく残しています。これらの建物群は江戸時代中期から後期にかけて、「旧保命酒屋」中村家が拡張・増築していったものですが、明治に入って廻船業を営んでいた太田家に継承され、今日に至っています。
DSC_1561

幕末の政変によって都落ちした三条実美ら尊王攘夷派の公卿7人が、鞆に立ち寄った際に一時の憩いを得たのが、この太田家住宅(旧保命酒屋)でした。公卿らは保命酒に陶酔し、その美酒を褒め称える歌を残しています。
DSC_1560


DSC_1562

言わずと知れた人気アニメーション映画『崖の上のポニョ』。制作側は明言していませんが、どうやら「ポニョは鞆の浦が舞台なのでは?」と囁かれているようです。というのも、社員旅行で鞆の浦を訪れた宮崎駿監督が、鞆の浦を気に入り再訪。長期間にわたる滞在中、宿泊施設や鞆の町を歩きながらポニョの構想を練った…といわれているからです。ポニョの作中には、よく見るとどこか鞆の浦を描いたようなシーンを見つけることができます。また、鞆の浦には宮崎監督が設計に携わった宿や、実際に立ち寄ったパン屋さんなどがあります。
DSC_1565

そしてなんとも残念お目当てのいろは丸資料館には時間がなくなっていくことはできませんでした。ここを楽しみにしていたのに〜〜なんていうこと〜
DSC_1567

龍馬ら海援隊が借入れていた蒸気船「いろは丸」が、紀州藩の軍艦・明光丸と衝突して沈没するという事件がありました。その談判の場として使われた町家(旧魚屋萬蔵宅)が、現在の『御舟宿いろは』です。
2003年当時は空き家で老朽化も進んでいましたが、NPO「鞆まちづくり工房」さんなどの手によって、見事、旅館として再生。本瓦葺の屋根に、漆喰の白壁、ベンガラ塗りの柱や窓枠など、今ではすっかり鞆の浦らしい「粋」な外観を取り戻しています。
DSC_1571

1655(明暦元)年に大阪から鞆に移り住んだ中村吉兵衛は、1659(万治2)年に漢方薬酒・「十六味地黄保命酒」の製造・販売を始めました。「保命酒屋」(旧中村家)として、江戸時代の間は醸造販売権を独占し、隆盛。まさに鞆の経済の中心だったのです。
DSC_1573

そして紀州藩と談判していたとき龍馬が滞在していた宿
DSC_1580

松ノ木が屋根瓦からつきだしてでている。もしや龍馬が滞在していたときもあったものか・・
DSC_1578

鞆の浦での滞在時間は60分でしたがそのうち45分はガイドさんについて町めぐりでしたので自由行動の時間は15分でいろは丸資料館をみることはできませんでした。ホント心残りで仕方がありません。
このすばらしいロケーションが気に入られてたくさんのテレビ映画のロケ地となっているわけがわかります。
一番期待していたところがこれしかみれないとは・・・まあツアーなら仕方がないのか・・・
でも鞆の浦は本当にすばらしいところです。それをわかっただけでも来た甲斐がありました。
そしてもう一度絶対来よう〜そのときはじっくり見て回りたい。今度はいろは丸に乗って絶対仙酔島に行きたいな・・・
DSC_1577

今回もたくさんの観光地をまわりましたが、尾道、鞆の浦はもっと時間がほしかったですね。
しかし鞆の浦は龍馬の足あとを感じることができてとてもよかったです。
楽しい2日間でした。
バーナー

ブログランキング参加中!
もっといたかった鞆の浦にポチッとね




プロフィール
写真で見るお気に入り記事
  • 大阪城 あべのハルカス 大阪旅行その2
  • 大阪城 あべのハルカス 大阪旅行その2
  • 大阪城 あべのハルカス 大阪旅行その2
  • ユニバーサルスタジオジャパン 大阪旅行その1
  • 日本三大奇橋 猿橋
  • 土佐高知の旅〜龍馬青春の道を辿る1
  • 土佐高知の旅〜龍馬青春の道を辿る1
  • 土佐高知の旅〜龍馬青春の道を辿る1
  • 土佐高知の旅〜龍馬青春の道を辿る1
  • 撮り鉄デビュー?
  • 靖国神社 遊就館
  • 名古屋に行ってきました〜その2犬山城〜明治村
  • 名古屋へ行ってきました〜 その1名古屋城
  • 三鷹の森ジブリ美術館へ行く
  • 2015春 倉敷・姫路城の旅
訪問者数

    いつもみてくれてありがとう〜

    最新コメント
    月間アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ